ビジネス

三浦、から北海道、三陸さらに

地域活性型ECそしてさらに

「朝採り!三浦野菜市場」
運営中です。
http://miurayasai.com/

神奈川県三浦市の肥沃な土地。
夏は涼しく豊富な水分を要し、冬な温暖な気候で作物を育む。
そこで育つ野菜を全国にECで販売しています。
上記の自社サイトのほか、楽天/Amazonほかでも、また福利厚生会社さんのクローズドモールでも展開中。

ここはひょん縁から、元々業務用(飲食店向け)野菜を取り扱っていた八百屋さんとの繋がりから、消費者向けの部分をECで!ということで我々が担当すること。
勿論、美味しいものに敏感なセンスの方々から徐々に広がって、今では小規模飲食店のオーナーさんや、色々な野菜に携わるご商売の方に、お蔭様でお問合せを頂きます。

これを一つのベンチマークに、北海道のオホーツク海岸沿いの街では、同じようにECでの街の物産の展開、更に東京における街のPR、ひいてはブランディングをどう行うか、

また三陸の漁港でもECの再活性を!
以前行っていた通信販売ですが、多忙気に追いつかずほぼ閉鎖状態に。
こちらを再度、利活用する上でのお手伝いなど

あるいはまた精肉市場でも、中々ハードルが高そうには見えますが、全国的にも珍しい、豚肉/ホルモン部位のECを!と。

いくつか新たな展開の萌芽が芽生えてきてます。
これも一歩づつ着実に。

長く続く“商いのサイクル”にすること。
これを目指す。
ただ、これはシステマティックに、こうし、あれをああして…とすぐわかるような合理性だけではうまく運ばない。
なぜなら、生身の人間が本気で携わってる、そしてその携わる姿勢が、う~んまあ言葉はともかく“命がけ”だから…
軽く踏んではダメなんです。
じっくり紐解いて、再度組み立てて、そんな作業をしながら進めて行ってます。

でも直に届けます。

他にも詳しい事例などを知りたい方は、どうぞストリートワイズまでご連絡くださいませ!
(文章中敬称略)

関連記事

  1. ビジネス

    「やれそうで中々踏み切れない」老舗店舗のEC導入

    伝統的手仕事文化の継承と新たな一歩外国人観光客で賑わう浅草。東…

  2. ビジネス

    VR映像制作

    T-CAT全館観光案内所事務所の近所、箱崎にある東京シティエア…

  3. ビジネス

    ビジネスタイムラインTOP テクノロジー エンジニア人材の獲得にお困りではありませんか? 2017/…

    ネットワークエンジニアという職種の人々をご存知ですか?おそらく…

  4. ビジネス

    「生産者さんの思い×使う人のこだわり」味や香りを届けるのは日々の積み重ね

    ストリートワイズが取り組んでいる神奈川県三浦の三浦野菜のマーケティング…

  5. ビジネス

    ~生鮮野菜をマーケティングするに…

    ~朝採り!三浦野菜市場から~朝採り!三浦野菜市場の野菜たちはみ…

  6. ビジネス

    クリエイティブ力で地域活性化

    地元・東京下町「人形町」の事例にて 今回はクリエイティヴ力での…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。
PAGE TOP